JSRE HOME
  > 気管支鏡専門医制度 > 気管支鏡専門医試験のガイドラインについて

気管支鏡専門医制度

気管支鏡専門医試験のガイドラインについて

日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医試験ガイドライン

  1. 機器
    1. 気管支鏡検査機器と取り扱い
      • 電子気管支鏡,気管支ファイバースコープ,(硬性気管支鏡)
      • 取扱方法
    2. 感染対策,洗浄・消毒法
      • 対象となる感染症
      • 洗浄,消毒法
    3. 気管支鏡検査の適応と禁忌,説明と同意
  2. 基本手技
    1. 前処置
    2. 麻酔法
      • 局所麻酔,全身麻酔
      • 薬物の動態
    3. 挿入法
    4. 気管支鏡検査のリスクマネジメント
      • 併存疾患のある患者の検査
      • 合併症とその予防・対策
    5. 小児の気管支鏡検査(ファイバースコープ/ビデオスコープを用いる手技)
  3. 気道の解剖と正常内視鏡所見
    1. 気道の構造,組織所見
    2. 分岐の命名,分岐異常
    3. 正常気管支鏡所見
    4. 気管支鏡検査に必要なCT解剖と基礎的知識
  4. 診断方法
    1. 気管支鏡における正常所見と病的所見,所見のとらえ方
      • 蛍光気管支鏡
      • 気管支腔内超音波断層法
    2. 検体採取法と処理法
      • 組織採取(直視下,透視下)
      • 病巣擦過(直視下,透視下)
      • 針穿刺吸引
      • 気管支洗浄,気管支肺胞洗浄
  5. 治療手技
    1. レーザー照射による焼灼・昇華治療
    2. 光線力学的治療
    3. 高周波治療
    4. 密封小線源治療
    5. 薬物注入
    6. 気道ステント留置
    7. 喀血と気道分泌物の処置
      • アルゴン・プラズマ・コアギュレーション(APC)による病巣凝固法
    8. 気道熱傷
    9. 異物除去
    10. 気管支瘻の閉鎖
    11. 気管支熱形成術
  6. 気管支鏡検査対象疾患の知識,所見,処置
    1. 感染症
      • 咽頭・気管・気管支結核
      • 結核以外の炎症性疾患,瘢痕性気道狭窄
    2. 免疫・アレルギー性肺疾患
      • 気管支喘息
      • サルコイドーシス
    3. 腫瘍
      • 肺癌
      • 良性肺腫瘍
      • 気管腫瘍,咽頭・声帯の腫瘍(炎症性肉芽を含む)
      • その他の肺悪性腫瘍
    4. 全身性疾患に伴う気管支,肺病変
      • 膠原病,アミロイドーシス,多発血管炎性肉芽腫症,immotile cilia syndrome
    5. 間質性肺炎,じん肺症,肺胞蛋白症 等
    6. その他
      気管・気管支骨軟骨異形成症,気管支結石症,気管・気管支軟化症,蔓状血管腫,気管支動脈瘻

付記:以下の項目についても履修しておくこと

  1. 関連臓器の解剖
  2. 肺縦隔の画像診断
  3. 胸腔鏡
  4. 縦隔鏡
TOP