JSRE HOME
  > 学会について > 奨励賞選考規約

学会について

NPO法人日本呼吸器内視鏡学会 奨励賞 選考規約

総則

  1. NPO法人日本呼吸器内視鏡学会に奨励賞をもうける.呼吸器内視鏡学・気管支学を推進する優秀な研究を奨励し,呼吸器内視鏡学会をより活性化することを目的とする.
  2. 本賞は呼吸器内視鏡学・気管支学に関して優れた研究業績を発表した本会会員に対して,選考の上,本学会学術集会において授与する.
  3. 本賞は学会から賞牌及び賞金が与えられる.

選考

  1. 受賞対象者は,本学会および世界気管支学会の機関誌,それに相当する学術誌に掲載された論文,EPUB,あるいはオンラインオンリージャーナルに,筆頭者として発表した若手研究者(応募する年の12月末日にて39歳以下)で,本学会会員であること.
  2. 受賞候補になるには,必要事項を記入した所定の応募用紙,論文の別刷と本学会評議員1名以上の推薦状(1000字以内)及び呼吸器内視鏡学・気管支学に関する簡略な業績の提出を要する.
    但し,奨励賞選考会議構成員は受賞候補あるいは推薦者になることはできない.
  3. 受賞者数は1名に限定せず,複数でもよい.
  4. 受賞業績は,応募する年の前年(1~12月)および前々年の過去2年間に刊行された客観的査読を経た1編もしくは一連の複数論文であること.
  5. 受賞業績は,国内で行われた研究であること.
  6. 受賞業績が,日本呼吸器内視鏡学会学術集会で発表されていること.
  7. 受賞業績が,本学会および他学会において,過去に受賞歴がないこと.
  8. 応募および選考に関する日程は理事会にて決定し,「気管支学」に掲載する.
  9. 選考は学会賞(池田賞)選考会議をもってこれにあて,理事会において決定される.
  10. 選考に関する事務は学術委員会が行う.
応募用紙のダウンロード
奨励賞応募用紙word

本規約の改正

  1. 本規約に不都合が生じた場合には,学術委員会において審議し,規則改定委員会で検討し,その改正には理事会の承認を必要とする.
附則
本規約は2016年(平成28年)6月23日より施行する.

奨励賞受賞者一覧

TOP